>

法律に関して勉強しよう

お店を建てる前に

風俗店を経営したいと考える時に、お店を新しく作ったり賃貸を借りる人が見られます。
その前に行わなければいけないことは、許可を申請することです。
国から、きちんと風俗店を経営してもいいと言われたお店だけが開店できます。
知られなければいいと思っているかもしれませんが、警察は定期的に無許可で経営しているお店がないかパトロールしています。

警察に見つかったら、すぐ営業停止になりますし責任者や働いているスタッフが捕まってしまいます。
そのようなお店ではスタッフも、安心して働けないので常に人材不足に陥ってしまいます。
事前に行う準備を忘れないで、整ったらお店を作ったり賃貸を借りたりしてください。
順番を間違えないように、きちんと確認しておきましょう。

許可証を貼っておく

無事に申請が通ったら、許可証をもらいます。
警察に何か言われた場合は、許可証を見せることで法律を順守していることを証明できます。
非常に大事なものなので、失くさないでください。
お店の、お客さんからも見えるところに貼っておきましょう。
本当は許可証があっても見えないと、無許可で経営しているお店だと誤解されてしまいます。

そのようなお店を使っているとスタッフだけでなく、お客さんも捕まる可能性があります。
わざわざリスクを冒してまで、怪しい風俗店を利用したいと考える人はいません。
お客さんを集めることに繋がるので、許可証を見えるところに貼っておきましょう。
警察が来た時も、堂々としていれば疑われることはありません。


この記事をシェアする