>

音や振動に注意する

働く意欲のあるスタッフ

自分から、このお店で働きたいと言っているスタッフを採用してください。
無理に働かせることは、禁止されています。
借金を負わせて、逃げられない環境にすることもいけません。
安全に風俗店を経営するためには、スタッフのことも考慮しなければいけません、
法律を守っていることをアピールすれば、スタッフもたくさん集まると思います。

スタッフ1人1人の希望に合わせてシフトを組み立てることや、どのくらいの時給なのかわかりやすいように求人に記載してください。
説明が不足していると、怪しいお店だと思われます。
それでは人材を確保できないので、経営してもすぐにお店が潰れてしまいます。
お店で働くメリットを伝えることも、人材を確保するコツです。

防音設備が大事になる

何も防音設備がないと、音や振動が周囲に簡単に伝わってしまいます。
近所迷惑になるので、周囲に聞こえないように工夫してください。
お店を作る際は、防音設備を取りつけるように業者に依頼しましょう。
すると大きな声や振動を出しても、周囲に聞こえることはありません。
近所迷惑にならないようにすることも、法律に含まれています。

賃貸を借りて風俗店を経営するなら、リフォームするといいですね。
中古の賃貸であればリフォームできるところが多いので、防音設備をつけられます。
業者を探す際は、そのようなリフォームに慣れているところを探してください。
こちらの希望通りにリフォームしてもらわないと、風俗店を経営できなくなってしまいます。


この記事をシェアする